名古屋守山区のカフェブログ。新守山駅のおしゃれな移動販売カフェの店長。

【日本一人と人が繋がるカフェ】Yuricafe を名古屋守山区で彼女と経営(毎日ここにいるので遊びに来て!はなそう!)/【日本一話せる友達ができる】旅カフェ&バーを経営/ゆるいyoutuber「旅BARTV」/ブロガー「日本一のブログ道」/25歳/#名古屋大好き/転職22回/クビ4回/元お笑い芸人/移動販売カフェ/ワーゲンバス

部下を潰す上司の特徴は、質問された際の対応の仕方だ。


スポンサードリンク

部下を潰す上司の特徴は、質問された際の対応の仕方だ。

 

 

どーも!名古屋守山区でyuricafeを経営している、よーすけだ!

f:id:youske33333333:20190410140053p:image

 

今回は、部下を潰す上司の特徴の1つは、

質問された際の対応の仕方もあるという話をしよう。

 

部下に何か聞かれた際に「自分で考えろ」は禁句

 

部下本人だって、聞きたくて聞いてるわけではないし、

勇気を出して、上司に聞いているわけだ。

 

まずは、「聞いてくれてありがとう!」だ。

 

上司が、自分で考えろ!と思っていたとしても、

それなら、自分で考える方法を伝えればいい話だ。

 

「聞いてくれてありがとう!こういう時はね、ここでこう調べると、自分でもわかるようになって、次から楽だよ!どう思うかな?」

 

とやり方も教えつつ、意見も聞いてあげるのだ。

そうすることによって、部下の意見も聞けるし、

次から質問もされやすくなる。

 

 

セッパが詰まってる時や、忙しい時は雑になりがちだけど、その1回が命取り

 

人はセッパが詰まった時には、本性が出やすいものだ。笑

上司も状況次第で、忙しくて心に余裕がないときもあるかもしれないが、

 

どんだけ、「自分にとって当たり前」のムカつく質問をされても、

笑顔で快く答えてあげる。

 

これが大事だ。

 

回答の仕方1回で、

今後聞いてくれなくなり、作業効率も悪くなり、

ミスをしたり、部下がうつ病になったりして!

上司にしわ寄せがくる。

 

ようは、ブーメランのように帰ってくるのだ。

なので、どんな質問でも、相手の事を思い、優しく答えよう。