名古屋守山区のカフェブログ。新守山駅のおしゃれな移動販売カフェの店長。

【日本一人と人が繋がるカフェ】Yuricafe を名古屋守山区で彼女と経営(毎日ここにいるので遊びに来て!はなそう!)/【日本一話せる友達ができる】旅カフェ&バーを経営/ゆるいyoutuber「旅BARTV」/ブロガー「日本一のブログ道」/25歳/#名古屋大好き/転職22回/クビ4回/元お笑い芸人/移動販売カフェ/ワーゲンバス

藤井洋輔がなぜ旅カフェバーの広報担当をやるのか?


スポンサードリンク

藤井洋輔がなぜ旅カフェバーの広報担当をやるのか?

f:id:youske33333333:20190411195005j:image

どーも

名古屋守山区のyuricafeと

名古屋栄の旅カフェバーの経営をしている、よーすけだ。

 

僕は普段経営しながら

広報担当として

名古屋でYouTubeや、ブログやらホームページや、グーグルマイビジネスやら

ネット集客に力をいれている。

 

こんかいはその仕事をしている理由を伝えよう。

 

元々のオーナーに対する不満からきている

 

元々は雇われ店長として、バーを経営していて、

オーナーがいたわけだ。

 

もちろんオーナーにはお金を払って、

知識やシステムの構築などを、してもらっていた。

しかし、正直売上の要である、集客を正直一番やってほしかったのだ。

 

だから、僕は現場を抜けるときに

集客を補填するというのを大切にしようとおもい、

経営者であり、広報担当という道を選んだ。

 

そもそも現場をぬけたかった。

 

僕はバーの現場で店長を2年やった。

正直得るものも多いし、繋がりもたくさんできた。

しかし、2年必死に24時間365日やって、

ほぼ5年分ぐらい経験値が溜まったのではないか?という経験値を手にして、

 

「次のステップとして、この場所を全国展開したい!」という夢が見たかったのだ。

 

もう広報担当ではない、インフルエンサーなのだ。

 

僕とよくかかわってる人は薄々気づいてるだろう。

僕は広報担当を2年目なのだが、

1年目は「seo対策」で網を張りまくって、集客。

2年目の今は「僕という人物のファンをつくる」

というのを意識して活動している。

 

1年目で目先の集客は安定させたので、

2年目で時間のかかる、インフルエンサー事業にとりかかってるのだ。

 

ぼくが好きで集まる事できっかけを

 

ここで勘違いしてはいけないのは、

ぼくが本当にやりたいことは

「優しい世界をつくる」ということだ。

 

だから

友達ができる場所を全国に作ったりしていくのが、今後のぼくの本望だ。

 

そのために、ぼくがインフルエンサーの方がやりやすいという決断にいたったので、

やっているわけだ。

 

そういうことだ。

今後も応援よろしく。

ツイッターは↓

ようすけ@yuricafeを名古屋で経営〜藤井洋輔 (@youtubernagoya) on Twitter